ハワイの邸宅ウェディングってなに?

ハウスウェディング

最近は日本で結婚式を挙げるよりも、本当に仲の良い数人と親族だけで、海外ウェディングに切り替えられる方が結構多いですよね。

海外ウェディングもどんどん進化しており、最近は、海外でも邸宅ウェディングが人気になってきています。

海外ウェディングといえばハワイ。ハワイでももちろん邸宅ウェディングは行われています。

 

邸宅ウエディングとは

邸宅ウエディングとは、お金持ちさんや誰かが所有している、もしくは、所有していたお家を借りて行う結婚式です。

最近日本でもこの邸宅ウェディングが流行っており、〇〇邸などの名前がついた結婚式場もたくさんあります。

ハワイでも素敵な邸宅がたくさんあり、その素敵な邸宅で、ゲストを呼んで結婚式を行うことができるのです。これが邸宅ウエディングです。

 

ハワイの邸宅ウエディング事情

私が調べたところでは、邸宅ウエディングの費用は、例えば人気のイリス オーシャンフロントというところで100万以下で行えます。

  • 挙式料
  • 牧師
  • ブーケ・ブートニア
  • リングピロー
  • ウエディングドレス(レンタル)
  • タキシード(レンタル)
  • ヘアメイク
  • 音楽(シンガー&演奏者)
  • アルバム
  • リムジン送迎
  • コンシェルジュ(朝のお迎えからお送り後のお着替えまで)
  • 料理+ドリンク

これに旅行代金が最低でも二人分かかるので、一人30万として60万、トータル160万くらい〜で邸宅ウエディングを行えるようです。

ハワイの邸宅ウエディングは、ビーチウエディングなどと違って、披露宴的な時間があるのでしっかりと結婚式を取り行った感じがするでしょう。

値段には、ほとんど必要なものは組み込まれていますが、こだわり具合でどんどん値段が変わっていきます。

一番かかるのはドレスやお料理なので、値段は安く済ませられますが、システムは日本とさほど変わりません。

 

邸宅ウエディングの注意点

邸宅ウェディングはビーチウェディングと違って、しっかりとした打ち合わせが必要なウェディングです。

日本でもしっかりと綿密に打ち合わせをしてくれるような、丁寧なウエディング会社を選びましょう。

会社が適当なところを選んでしまうと、当日選んだサイズと違うウェディングドレスが現地に運ばれてしまったり、送迎時間が遅れたりと、日本の結婚式では考えられないようなミスが起こります。

それでもハワイの邸宅ウェディングだと言うことで水に流せれるカップルであればいいですが、それで喧嘩になるケースも多いのです。

人生の大切な門出である結婚式を運営してくれる会社はちゃんと選びたいものです。

ハワイのビーチウェディングってどんな感じ?おすすめポイントと注意点

ハワイのビーチ

今人気の海外ウェディング。その中でも特に人気を誇るハワイのビーチウェディングについて書きたいと思います。

 

ハワイのビーチウェディングってどんな感じ?

ハワイは言わずと知れたリゾート地。最近は芸能人もまたハワイに注目していることもあって、さらに人気が出ています。

ハワイは、観光もできるしアクティビティーも充実しています。

そして日本語も通じる場所が多かったり、食べ物も日本人の口に合うこともあって、老若男女問わず楽しめら観光大国。その中でも一番の魅力は海です。

綺麗なビーチに青い海。海も本当に広大で、世界のスケールを感じるような海。

そんなハワイの海でビーチウェディングをすることが今とてもはやっています。

ハワイのビーチウェディングは、ビーチに牧師さんを呼んで、誓いの言葉とキスをするとてもコンパクトな挙式。

ただ、広大な海をみながら、二人だけで、もしくは、親族や近親者にかこまれて行うビーチウエディングは、小さくても厳かなものです。

一生の思い出になること間違いないでしょう。

 

ハワイのビーチウエディングでオススメのポイント

ハワイのビーチウェディングでオススメのポイントは、東海岸のカイルアビーチ、ラニカイビーチ、ワイマロナビーチです。

中でも今一番注目度が高いのが、ワイマロナビーチです。

カイルアビーチも、ラニカイビーチも、ワイマロナビーチも、全部つながっている1つの海岸線です。

この3つのビーチは、全米で最も美しいビーチランキングで1位を受賞した経験のあるビーチばかり。

中でも、ワイマロナビーチは、マイナーなビーチであったにもかかわらず知名度がどんどんあがり、今では一番注目度の高いビーチになっています。

都会の喧騒から離れられ、また、自慢のビーチと白い砂浜で撮るウエディングフォトでは、どんな照明を当てられるより綺麗に写真を残すことができます。

 

ハワイのビーチウェディングにおける注意点と知っておくべきこと

ハワイのビーチウェディングで注意しておかなければいけない事は、以下の4つです。

 

準備、確認

日本で準備する場合も、現地で準備をする場合でも、何が備わっていて何が備わっていないのかと言うことの確認をしておかなければ、当日足りないものが必ず出てきます。

買取やレンタルで済むものであればまだいいですが、用意がなくて困るものなどもあるかもしれませんので、必ず確認をしておきましょう。

結婚式の気分が変わって台無しになってしまうこともよくあるみたいです。

 

トイレ事情

ウェディングドレスに着替えて、ビーチまで送迎してもらうため、トイレに数時間いけないケースが多いです。

必ずドレスをウエディングドレスを着る前に確認しましょう。

 

最低でも4泊6日

ハワイでのビーチウェディングに限らず、海外ウェディングの場合、初日に打ち合わせが入ることが多いです。

そのため結婚式のために丸2日取られることが多いです。

さらに、結婚式の写真の出来上がりを二日後にホテルに届けらるというケースも多いので、ハワイのビーチウエディングの場合、最低でも4泊6日以上の日程でいきましょう。

ハワイの海外ウェディング情報まとめ

結婚式の様子

ハワイでの結婚式はいくらかかる?ハワイウェディングの予算について

ゼクシィの結婚式トレンド調査2016年では、ハワイの結婚式予算は、平均220万だそうです。

ちなみにこの値段は、旅行費とドレスなどの結婚式にまつわる費用がプラスされた金額です。

写真中心のビーチウエディングなどであれば、二人で100万を切るプランもありますが、披露宴はなく挙式のみという形になるでしょう。

どちらにしても、日本での結婚式予算の平均395万だったそうなので、かなり安く上がるということですね。

 

ハワイウエディングの魅力

ハワイは言わずと知れた観光大国。なぜみんなハワイに訪れるのか?それは、ハワイがステキな国だからです。

青い海と、広大な自然。そして、ホテルやヴィラも豊富で、食事も買い物もしたい放題です。

日本人が一番楽しめて、でも、一番異国を感じる国。遊び方もたくさん種類があって、日本語も通じやすいので、おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に楽しめるのがハワイです。

海外挙式を考えた時、結局、旅行もプラスされることになります。

結婚式も、数日の旅も、楽しんでもらおうと思った時に、どの世代のゲストも楽しませることができて、過ごしやすく、非日常を味わえるハワイなのです。

もちろん、結婚式を形に残すフォトジェニックなスポットがたくさんあることも、大きな理由でしょう。

 

ハワイウェディングにおける注意点まとめ

そんなハワイウエディング。結婚式をして最高なことは言うまでもありませんが、数点注意をした方がいいことを挙げさせていただきます。

 

確認に確認を重ねた方がいい

ハワイウエディングを扱っている会社は数社あります。その中でもさまざまな業態があります。

簡単なところでいうと、ドレス選びは日本で行うところもあれば、現地でレンタルなところもあります。

靴やアクセは自分で用意っていうところもあれば、現地でレンタルして、現地でお金を払うなんてところもあったりして、日本で行う結婚式のように準備万端で、至れり尽くせりを想像してはいけません。

私の友達は、日本で借りたドレスを現地でうけとったら間違ったものを渡されたり…

日本でやる結婚式ほどきっちりとしていません。確認に確認をして、何か怒って当然くらいに思った方が、結婚式当日に嫌な思いをせずに済むでしょう。

 

ゲストの旅費

ゲストの旅費をどこまで持つのか?というところで揉め事があったりします。

通常の結婚式はお祝儀いくらと大体の作法がわかりますが、海外挙式はお互いに思い描いていることが違う場合が多いです。

特に親族以外のゲストをお呼びする場合は、最初からある程度、費用のことは話し合っておいた方がいいでしょう。

ハワイウエディングは、大自然に囲まれてとても開放的で、ステキな結婚式になることは間違いありません。

ステキな思い出作るためにも、準備は念入りに行いましょう!

ラニカイビーチの挙式まとめ

ラニカイビーチ

ハワイの東海岸はとても水質が良く、ビーチには白い砂浜があり、ハワイを代表する「青い海と白い砂浜」です。

その東海岸には、カイルアビーチ、ラニカイビーチ、ワイマナロビーチとたくさんのビーチが続いているのですが、中でも「天国に一番近い海」と言われるのがラニカイビーチです。

そんなラニカイビーチで挙式挙げた情報をまとめたいと思います。

 

ラニカイビーチの挙式の予算

ラニカイビーチでいわゆる「ビーチウエディング」というものを挙げると、

価格は、安いもので14万〜(挙式+写真代)ありました。

これに、旅行費×人数分、ドレスや、内容のアップグレードなど金額は膨らんでいきます。

 

ラニカイビーチの魅力

ラニカイビーチの魅力は、天国に一番近い海と呼ばれるだけの海であることです。
人気はありますが、とても人が少なくてプライベート感を味わえるビーチ。

ウエディングのバッティングが嫌なのであれば、ラニカイビーチがオススメです。

 

ラニカイビーチの挙式の注意点

簡単な結婚式

ビーチウエディングは、チャペルを借りた結婚式と違って、手頃で簡単にできる結婚式です。そのため、写真映えは最高ですが、凝った結婚式を考えている方にはあまりオススメできません。

ラニカイビーチでの結婚式も、牧師さんを呼んで簡単な誓いの言葉を述べて…って感じです。

参列者などを連れて結婚式をするのであれば、ビーチウエディングというよりは、チャペル会場や食事ができる環境が整っているウエディングのコーディネート会社を探すべき。

ラニカイビーチでできる結婚式を取り扱っているところはかなり少ないです。

 

ドレス選びに注意

現地でドレスをレンタルするシステムのところは、かなりタイトな時間の中で、ドレスを選び、ヘアメイクに入ります。

何着も試着して、どれにしよう??なんで楽しんでいる暇はないので、ある程度イメージを固めておいた方がいいでしょう!

 

トイレ

ウエディングドレスを着て一番困るのがトイレ。
特にラニカイビーチはもともと観光地ではないので、トイレがありません。
トイレは早めに済ましておく方が良さそうです。

 

ラニカイビーチで挙式を挙げたわたしの感想

ラニカイビーチであげる結婚式は、打ち合わせに、移動や着替え、ヘアメイクなどとても慌ただしいものでした。現地での慌ただしさは、海外ウェディングのあるあるらしいので仕方がありません。

出来上がった写真を見て、ラニカイビーチで挙式をあげて本当に良かったなと思います。写真は一生残りますから、人生で1番華やかな結婚式という舞台を、天国でに1番近い海「ラニカイビーチ」でできたことを本当に幸せに思います。

カイルアビーチでハワイウェディング!挙式をした人の口コミ

カイルアビーチ

全米で最も美しい海と言われている「カイルアビーチ」
これから結婚式を挙げようと思っている幸せカップルに、「カイルアビーチ」の魅力と結婚式に必要な情報をお伝えしたいと思います。

カイルアビーチの魅力

カイルアの一番の魅力は、なんといってもビーチパーク。カイルアビーチは全米No.1に輝いたこともありますが、それは美しさ。

真っ白な砂と青い海、そして水の透明度。「ハワイで結婚式を挙げるのなら、カイルアビーチで挙げたい」と訪れた全ての人が思うのではないでしょうか?

さらに、カイルアビーチが人気な理由はもう一つ。カイルアタウンというおしゃれな町もあるから。海だけの魅力というわけじゃないところがステキ。

 

カイルアビーチの挙式の予算

私たちがおこなったプランは、簡単な二人だけの挙式+ブライダルフォト

148,000円(旅行代別)

5泊7日の旅程で遊べるのは丸3日。旅行代が一人当たり28万ほどだったので、トータル708,000円でした。

 

カイルアビーチおすすめ日取り

5月中旬〜5月下旬
7月上旬〜7月下旬

気候が安定していて、旅行代金も安く済ませることができ、さらに旅行者が少ないと言う点で5月、7月はカイルアビーチでの結婚式がおすすめです。

 

カイルアビーチの挙式の注意点

結婚式は平日を

日曜日はチャペルで礼拝が行われることが多いため、たくさん規制がかかってしまいます。カイルアビーチでの結婚式は、平日を選びましょう。

 

送迎のプランでは、カイルアタウンの散策の時間はありません。

カイルアビーチで挙式をあげたかったのは、ビーチがとても綺麗だから。

そこは、大満足でした!!!!カイルアビーチでの写真が綺麗すぎて、何かの加工を入れたのかな?って思うくらいでした。

ただ、近くにあるカイルアタウンに行くのも楽しみにしていたのですが、送迎付きのものを選択してしまうと、結局自由時間がないので、せっかくカイルアに行っても、カイルアタウンを堪能する時間はありません。

 

ドレスを選ぶ時間がほぼない

ドレス選びから、メイクまでで1時間しか時間がありません。これは必ずどのくらい時間があるのかを聞いたほうがいいです。

ドレスをちゃんと選びたい人は、日本で選べるプランにした方が絶対いいと思います。

持ち込み料がかかるプランもありましたが、お金を払ってもその方がいいかもしれません。

ただ、靴や小物まで用意したり、行き帰りドレスを運ぶことを考えると、やはり日本で選ぶ方が◎

 

カイルアビーチで挙式を挙げたわたしの感想

どうせするならもっとこだわればよかった…
某会社のセットプランにしたのですが、海外挙式って慌ただしいとは聞いていたものの、1日めは電話連絡のみ。

2日目が結婚式当日なのですが、ドレスを決めてヘアメイクをするまでたった1時間しかありません。

ほとんど試着しようと思ったものに決めなければ、ドレスを迷っている時間もほぼ無いのです。

結婚式なんてやらなくてもいいやと思っていたので、フォトウェディングに少しプラスしたような結婚式でしたが、写真も可愛く出来上がったし全体的には、大満足です。

ただドレスだけ、もう少しこだわりたかったなぁ。